淡いピンクのキャミソール姿でベッドに横座りしている女の人

ミナミセクキャバはどんなところ?

ミナミのセクキャバに遊びに行きたい人は必見!セクキャバで女の子と楽しく遊びたいなら、セクキャバ嬢の目線も知っておいて損はありません。

私はミナミのセクキャバで働き初めて1年ほど経ちます。最初は借金返済のために始めたセクキャバでのお仕事ですが、意外にも楽しんでいる自分がいることに気づき、借金返済後もお小遣い稼ぎに働いています♪

セクキャバ初心者の人も夜遊び慣れしている人も、なかなかセクキャバ嬢がどう思っているのかを聞く機会はないはず。実際にミナミのセクキャバで働いている中で思うことや、セクキャバに関する情報などなどお届けしていきますね^^

セクキャバって?

「そもそもセクキャバってどんなお店なのかよく知らない」という初心者のために、まずはセクキャバについて説明しますね。セクキャバとはセクシーキャバクラの略で、普通のキャバクラよりもちょっと大人の遊びを楽しめるお店。ミナミでは他にも「ツーショットキャバクラ」や「おっパブ」という名前を目にすることがあるかもしれませんね。これらは名前こそ違いますが、すべてセクキャバのことを指します!

具体的にどんな遊びができるのかと言うと、女の子とお酒を飲みながらお喋りするという点では普通のキャバクラと同じです。でも普通のキャバクラと決定的に違うのが、「女の子に触ってもOK」ということ。お酒が入ってほろ酔い気分になると、女の子に触りたくなっちゃう時がありませんか?普通の飲み会でその場にいる女の子に触ったらセクハラ扱いされますし、キャバクラでいくら仲良く喋っていた女の子でも、触ってしまったら拒否されます。でもセクキャバは女の子と触れ合うのがメインのお店ですので、サービス内のボディタッチであれば拒否されることはありません。

セクキャバでできること・できないこと

早速ミナミのセクキャバに遊びに行って、思う存分女の子といちゃいちゃするぞ!と意気込んだあなた。セクキャバでは初回入店時にボーイさんからルールの説明がありますので、しっかり聞いておいてくださいね。セクキャバには各店舗ルールが設けられており、そのルールを破ればお店から厳重注意を受けたり、最悪の場合は出入り禁止になることも。

ミナミのセクキャバのルールはお店によっても少しずつ違うのですが、基本的にはサービス内容は同じです。まず、セクキャバなら女の子に触ってOKとは言っても、全部触っていいわけじゃありません!雰囲気が盛り上がったからと言って女の子の下半身に手を伸ばしたら、確実に女の子に嫌がられます。なぜならルール違反だから。セクキャバではキスと上半身のお触りのみOKで、下半身に触れるのはNGです。セクキャバ嬢もお客さんの上半身に触れることはありますが、下半身を触るサービスはありません。そこを勘違いしてしまうとせっかくの女の子との甘い時間が台無しになってしまうので注意してください。私も一度お客さんに下半身を触られそうになったことがあって、すぐにボーイさんに助けを求めました・・・。いくら優しくていつも指名してくれるお客さんでも、サービス外の要求をされちゃうとセクキャバ嬢は困ります。逆にいつも指名してくれてルールを守ってくれて、誠実なお客さんなら「もっと一緒にいたいな」と思うことも。お客さんには平等に接しないといけないと思いつつも、人間なのでやっぱり誠実な男性の方に気持ちは入ってしまいますね。

セクキャバ嬢とキャバクラ嬢の違い

私が借金を返済しなければならなくなった時、最初はミナミのキャバクラで働き始めました。でも1か月で辞めてしまっています。その後ミナミのセクキャバで働き始めたわけですが、私にはセクキャバの方が合っていたみたい。

キャバクラ嬢とセクキャバ嬢を比べると、やっぱりキャバクラ嬢の方がお話上手な女の子が多いなという印象はあります。キャバクラはボディタッチNGな分トークで盛り上げる必要がありますし、接待で使われることも多いですよね。その分女の子は元々お話上手だったりトークを磨いていたりして、会話でお客さんを喜ばせるのが上手です。

セクキャバでももちろんトークが得意な女の子はいますが、キャバクラ嬢ほどたくさんお話する子は少ないかもしれません。でも決して暗いとか愛想が悪いとかではなく、お喋りが苦手でも笑顔を心がけていたり、ボディタッチしながら雰囲気を高めていったりするのがセクキャバ嬢の特徴ですね。ミナミのキャバクラ嬢はお話が上手で、セクキャバ嬢は雰囲気作りが得意というイメージでしょうか。私もお喋りはそんなに得意じゃないけれど、お客さんとキスしたり触れ合ったりしているうちにいい雰囲気になってくることは多いです。

それからキャバクラはちょっと気の強い女の子が多いですが、セクキャバは穏やかで優しい雰囲気の女の子が多い印象です。恋人代わりになって男性を癒すのがセクキャバ嬢のお仕事なので、自然とそうなるのかもしれません。